ORCA 4
PPGタンデム機
Orca 4 は EN B クラスと 5,3 のアスペクト比 (53 cell) のユニバーサルタンデム翼です。

非常に簡単にライズアップでき、一人乗りのような感覚で操作できる性能で、
安全性の高い性能を持っています。

最新の生産プロセスでの新しい FlexiEdge 技術の下で製造されました。
長年のユーザーからのフィードバック情報で、この技術を搭載した他のプロトタイプの試験の最
近の経験をブレンドしています。

アスペクト比とその他の要因は、受動的安全性、パフォーマンス、
およびこのクラスのステアリングの最適なミックスを維持しながら、
新しい技術をフルに活用を確認するために慎重に求められました。

Orca 4 で使用される翼はシャークノーズを採用して、
広い速度範囲内で安定したキャノピー内部圧力を維持しています。

キャノピー内部構造のコアに ミニリブを形成して翼を安定させています。
トレーリング エッジのミニリブは、サーマルソアリング時の空気の流れを改善し
抵抗を減らします。

再設計されたオルカはラインの総延長を、さらに改善して15 % 減少しました。
すべてにおいて、我々 は安全性と安定性に優れたパフォーマンスのバランスの取れた設計に
成功しました。

オルカは乱流において非常に安心して、縦と横方向の揺れの減衰を考慮した効率的な予測可
能な動作します。

Orca 4 は簡単にライズアップし、安定して、若干のブレーキングで簡単に飛び立ちます。
着陸は少しのブレーキングで着陸アプローチに続くソフト タッチダウンで速度を下げます。
すべてのタンデム パイロットの完璧に訓練されたそれらの技能に感謝しています。



また、ORCA 4のスプレッタバーには翼端折での飛行のために、ロック機構が搭載されています。
安全飛行に貢献いたします。


タンデムテスト



MINIPLANEによるORCA XXタンデムフライト
87kg+75kg=162kg++

" target="_blank" onclick="WMOpenWin('',640,480);return false;" onkeypress="WMOpenWin('',640,480);return false;">o













オルカはポーランドでのタンデム飛行記録を樹立している。






トップへ
戻る