WARP 2
Warp 2は、経験豊富なパイロット向けに設計されています。
次期世界選手権とクロスカントリーPPG飛行のための理想的なツールで
す。堅実で機敏で、速くて効率的で、飛行の本当の喜びを提供します。




ワープ2は間違いなく現時点で世界最速のPPGパラグライダーの1つです。
より長い距離をカバーし、より速く、より効率的に飛行します!

WARPと比較したWARP 2は

はるかに簡単かつ迅速にライズアップ可能で
より高いエコノミーフライト可能です
より速い巡航速度を達成します

WARP 2
15
16
17
18
20
22
24
Approval
pending
pending
pending
pending
pending
pending
pending
Number of cells
62
Wing area flat [m2]
15.00
16.00
17.00
18,00
20,00
22,00
24,00
Wing area projected [m2]
12.76
13.61
14.46
15.31
17.01
18.71
20.41
Wingspan flat [m] 
9.43
9.74
10.04
10.33
10.89
11.42
11.93
Wingspan projected [m]
7.58
7.83
8.07
8.30
8.75
9.18
9.59
Aspect ratio flat  
6.00
Aspect ratio projected
4.50
Sink rate [m/s] 
Surprisingly better than WARP
Speed [km/h]  
min = 31 ; trim = 48-65; max = 80 (+/-3km/h)
Take-off weight [kg]  
75-100
80 - 105
85-110
90 - 115
100 - 125
110 - 135
120 - 145
Max Take-off weight - competition [kg] for very experienced pilots
120
125
130
135
145
155
165
Canopy weight [kg]
3.95
4.18
4.35
4.50
4.80
5.10
5.44




設計
ワープの基本パラメータの大幅な改善は、次の理由で可能になりました。

迎え角を変更すると、プロファイルがわずかに変更され、ジオメトリの変更が減
少しました
新世代の翼で使用されているLE3Dシステムを組み込んでいます
使用するラインが17%少なくなり、抗力が少なくなる3列のリギングをきれいにし
ます。
高度な斜め支持システム3Yおよび3Yダブル(2つのセルとリブを同時に通過)を
含む内部補強材の全体構造は、翼の安定性に大きな役割を果たします。 さら
に、慎重に調整されたコントロール、統合されたPA(Power Attack)システム、
そしてもちろん、生産に使用される最高品質の素材によって補完されます。



プロパティ
離陸中、翼は以前のバージョンよりもパイロットからの注意を必要としません。
翼は、ライズアップ中にパイロットの頭上に上昇しやすくなり、最大離陸重量で
も、海抜がかなりの高度でも、パイロットを効率的に空中に連れて行きます。
(一部のテストは、高度1100mで実行されました)

特に離陸重量の上限範囲での快適で正確なステアリング。
必要なブレーキ力の進行は、迎え角が大きすぎるのを防ぐのに役立ちます。
より長い飛行では、ステアリングの快適さはTSTシステムによって保証され、
実際に最大飛行速度で必要です。
その使用は、翼のリフレックス特性に影響を与えません。
新しいワープの操作性は、以前のバージョンと同じように申し分のないもので
す。

リフレックス翼形は、浅いい進入角度でも、ワープ1よりもはるかに高い最高速
度を確保しながら、全速度範囲での安全性を保証します。
より高速で燃料消費量が少ないため、飛行範囲が広がります。

最大速度での最初の飛行中にワープ1に慣れるための推奨事項が役立つ場合
があります。














トップへ
戻る