HADRON 3


目的
このウィングは、リフレックスパラグライダーの特性を理解して
操縦できる、アクティブの飛行パイロットに捧げられます。
特にXCフライトには高い燃費性能と、ソアリング性能をしめします。

Hadron 3は、高速で低空飛行するための頑丈なマシーンとして設計されていま
す。 広い速度範囲、正確なステアリング、優れたパフォーマンスを特長としてい
ます。

それはスムーズに立ち上がり、完璧かつ簡単に起動します。
 トリマーが低速でゼロの風に設定されていても、後ろに留まりません。

Hadron 3のリフレックス翼は、安定性に優れた速度システムはすべてのトリマ
ー設定で安全に使用できます。 強い上昇風や乱気流を切り抜けるとき、キャノ
ピーは迅速に安定して頭上にあります、常に注意を払う必要はありません。






設計
Hadron 3はHadron XXにルーツがありますが、その俊敏性とHadron 1.1の操作
のしやすさを兼ね備えています。非常に効率的な翼からライザー、ブレーコード
まで、多くの設計ソリューションが新しくなっています。

前縁のシャークノーズ(SN)は、キャノピーのこの部分の空気力学を改善し、広
い迎角(広い対気速度を意味する)でより高い内圧を処理します。
前縁はFET(Flexi Edge Technology)の合成ロッドで補強されており、
ライズアップ性能を明らかに改善し、高速での崩壊を防ぎます。
さらに、別のテクノロジーとして、セル間のLE2R(リーディングエッジダブルレイ
ンフォースメント)があります。
これにより、高速で前縁にはるかにきれいな翼をもたらします。
設計はまた、最新の縫製技術によって媒介される、キャノピーの負荷分散の他
の効果的な方法も特徴としています。

Hadron 3は、最大限に簡素化されたライザー設計を特徴としており、
パワーアタック(PA)や他の複雑な調整ツールを備えていません。
そのリギングには3列のライン(3L)がありますが、
ステアリングシステムは2Dステアリングの有名なオリジナルソリューションです
が、今回はTCTとTST(Tip Steering Toggle)の両方の機能を組み合わせた新
しいTCT +ハンドル(トリプルコンフォートトグル)を備えています)。

当社の基準に従って、ライザーには、ステアリングプーリーとマグネットから選
択できる3つのオプションの位置が用意されています。
これらすべての機能のおかげで、ステアリング操作は簡単で直感的です。
明らかに、一部のパワーパック/キャノピー構成では、かなりの量のトルクが発
生する可能性があります。
これに対抗するため、Warpには自動TEAシステム(Torque Effect Adjuster)が
実証されています。
トルクの方向に応じて、ラインを適切な側に配置した後、それ自体で機能しま
す。
トリマーテープは、
過度の摩耗が発生した場合に交換できるように設計されています。
Hadron3は、完全にヨーロッパで、ポーランドの工場で製造されています。
その洗練された生産プロセスの制御(とりわけ、
高度なLT(レーザー技術)切断を使用)。




















トップへ
戻る