DRIFTAIR


目的
DriftAirはリフレックスグライダーを理解しているパイロットにとって
安全なパラグライダーであり、楽しさの追求を目指しています。
アクティブなレクリエーションやスポーツ競争を目指しています。
とりわけ、DriftAirは、動的な操縦と壮大な加速を必要とするマルチキャノピー
の編隊飛行に最適です。
そして、その俊敏性により、スラロームタスク、またレジャーのための軽快な飛
行で素晴らしいことが証明されます。

それはスムーズに立ち上がり完璧かつ簡単に起動します。
トリマーが低速での無風のライズアップで、グライダーは留る事無く着いて来ま
す。
飛行中は安定した状態を保ちながら、直感的なステアリング、俊敏性、効果的
なリフトを発揮します。

DriftAirのReflexエアフォイルはトリム設定によってマルチに変化でき、
速度システムはトリマー範囲全体で安全に使用できます。
揚力や乱気流を切り抜けるとき、キャノピーは瞬時に頭の上に安定するため、
常に注意を払う必要はありません。

DriftAirのサイズは非常に幅広い選択肢を準備しました。
パイロットが自分の最適な体重範囲を正確に見つけることができます。






設計
DriftAirは、高い評価を受けているSnake 1.2の従兄弟ですが、
平面形状とフラットアスペクト比を除いて、翼からライザー、ブレーコード、その
他すべての機能が新しくなっています。
その結果、私たちは革命のトップまで進化を遂げています。
この種の設計の大きな可能性は、DriftAirの場合に最適に使用されているよう
に見えますが、
大きな安全マージンを維持し、常に私たちにとって優先事項です。

前縁のシャークノーズ(SN)は、キャノピーのこの部分の空気力学を改善し、
広い迎角(対気速度を意味する)でより高い内圧を処理します。
前縁はFET(Flexi Edge Technology)の合成ロッドで補強されており、
ライズアップ性能を明らかに改善し、高速での崩壊を防ぎます。
設計はまた、最新の縫製技術によって媒介される、キャノピーの負荷分散の他
の効果的な方法も特徴としています。

4列のラインがライザーで結合され、トリマー、スピード、パワーアタック(PA)シ
ステムなどのコンパクトでありながら非常に効率的なツールが装備されていま
す。 DriftAirのステアリングシステムは、2次元ステアリングの有名なオリジナル
ソリューションです。

今回は、TCTとTST(Tip Steering Toggle)の両方の機能を組み合わせた新しい
TCT +ハンドル(トリプルコンフォートトグル)を備えています。
当社の基準に従って、ライザーには、ステアリングプーリーとマグネットから選
択できる3つのオプションの位置が用意されています。
これらすべての機能のおかげで、ステアリング操作は簡単で直感的です。

明らかに、一部のパワーパック/キャノピー構成では、かなりの量のトルクが発
生する可能性があります。これに対抗するため、Warpには自動TEAシステム
(Torque Effect Adjuster)が実証されています。トルクの方向に応じて、適切な
側にラインを配置した後、単独で機能します。

キャノピーにはSLリギングがあります(シースルーラインが被覆されており、キャ
ノピーの一部のみが被覆されていません)。色はPMA規格に従って割り当てら
れます。

DriftAirは完全にヨーロッパのポーランド工場で製造されているため、
高度なLT(レーザーテクノロジー)切断を使用した高度な製造プロセスを完全に
制御できています。




スペシャルカラーオーダーができます。
詳しくお電話ください。
tel.090 4552 8003
フライトシステム五十嵐

















トップへ
戻る